成分

BENTOOL(ベンツール)に危険な副作用?アレルギーは?注意点まとめてみた。

BENTOOL(ベンツール)はサプリメントであり健康補助食品です。食品なので医薬品とは違い副作用などの危険性は一切ありません。

ただし、原材料に甘味料や大豆が含まれているため食品アレルギーを持つ方は少し注意が必要です。

大豆アレルギーの人はベンツールサプリでも注意が必要

ベンツールは、培養のための培地に無農薬の大豆が使用されています。そのため大豆アレルギーを持つ方は注意が必要です。

大豆アレルギーは、かつては牛乳や卵と並んで湿疹がでやすい「3大アレルゲン」と言われていました。しかし最近では本当の大豆アレルギーはそれほど多くないと言われていて、IgE抗体が陽性であっても食べられるケースは多々あります。

大豆アレルギーの人は、以下のような食材が食べられません。

黄大豆、黒大豆(黒豆)、青大豆(枝豆)、豆もやし(大豆)、豆乳、豆腐、厚揚げ、油揚げ、ゆば、がんも、おから、納豆、きなこ、大豆由来の添加物などを使用した食品(菓子、ドレッシングなど)、大豆を使用しているカレーやシチューのルウ

逆に、以下のような食べ物は大豆を使っていても食べられます。

しょうゆ、味噌、大豆油、小豆、いんげん豆、えんどう豆、緑豆のもやし

香料や甘味料アレルギーがある人もベンツールでも注意が必要

ベンツールの原材料として含まれているのは以下です。

  • 乳酸菌代謝物/サイクロデキストリン(環状オリゴ糖)
  • 結晶セルロース
  • ステアリン酸カルシウム
  • 微粒二酸化ケイ素
  • 香料(乳由来)
  • 甘味料(サクラロース)

とくに危険な物質は含まれていませんが、香料と甘味料が含まれているため、過去にこういったものでアレルギーが出たことがある人は控えたほうが無難です。

稀ではありますが、甘味料などで目が腫れたり全身にじんましんがでるというアレルギーの方もいるようです。

まとめ

ベンツールは健康補助食品であり基本的に安全なサプリメントですが、大豆や甘味料に食品アレルギーをもつ方は注意が必要です。

もし過去にこういった食品アレルギーがある方は、ベンツールを飲む前にはかかりつけの医師に相談するというのも一つの手です。

もしアレルギーに気づかずに飲んでしまってアレルギー反応など体の不調が現れた場合は、すぐに飲むのを中止して医師に相談してください。

わたし
わたし
それ以外の方は、とくにお薬のように眠気がきたりなどの副作用はないので食品として安全に飲むことができるので心配いりません。

私自身飲んでいて蕁麻疹や不調が出たということももちろん一切ないです。

BENTOOL(ベンツール)の最安値は公式だった!楽天やアマゾンで購入すると損する理由とは?わたし自身、BENTOOL(ベンツール)を購入するにあたって損したくなかったので、どこで買うのが一番安いのか?お得なのか?探しました。 ...